ごあいさつ

地域資源活用や農商工連携などの地域産業支援都市プロモーションと
商店街まちづくり

地域ブランド化の取り組みは、単なる情報発信や販売促進の活動ではありません。地域のイメージアップと商品の価値を高めることで、地域全体の価値を高める手法です。

そのため、しっかりとした戦略を策定することからスタートして、事業のキーパーソンを探し、関係者を巻き込んで推進組織をつくり、3年かけて成果を上げることを目指します。

このため、地域ブランドの事業計画を作成し、商品の売上目標、生産計画、資金調達の方法、参画事業者の決定と組織のあり方について、5~10年後を見据えたビジョンを作成していきます。

しかし、いかに洗練された事業計画であっても、それを絵に描いた餅に終わらせずに、確実な成果を残すためには、事業者だけでなく、デザイナーや流通チャネルなどの多様な人材や団体をまとめて、生産から販売までのトータル・システムをプロデュースする人材が必要です。

当社は、地域の多様な主体とともに、10年から20年という将来ビジョンを作成しながら、外部の専門人材や企業を地域に巻き込み、地域資源の価値を高めて、地域ブランドを世界に発信することで、地域産業と地域社会の持続的な発展を支援しています。

代表取締役 金子和夫
代表取締役 金子和夫

プロフィール

所属 金子和夫事務所株式会社 代表取締役
学歴
昭和51年3月 早稲田大学 政治経済学部 経済学科 卒業
昭和57年3月 慶応義塾大学大学院 経営管理研究科修士課程修了(MBA)
業務歴
昭和51年4月 株式会社鈴屋入社(ファッション専門店チェーン)
社長室、銀座店、販売促進部、営業企画室、通信販売事業部、経営計画室、LOB HOUSE事業部マネジャー等を担当
昭和63年5月 株式会社日本総合研究所 入社
平成24年3月 株式会社日本総合研究所 退社
専門分野
官公庁・地方自治体: 小売商業政策、中心市街地活性化、商店街活性化、まちづくり、地域マーケティング、地域ブランド、特産品開発など
企       業: 小売業のマーケティング戦略、ショッピングセンター戦略、新規事業開発など
得意な技術 小売の視点によるマーケティング戦略
関係者参加型ワークショップの企画と運営

ページのトップへ